宇都宮病院事件
1984(昭和59)年3月29日
写真≫        コメント


1984(昭和59)年3月29日、栃木県警宇都宮署は宇都宮市にある精神病院・医療法人報徳会「宇都宮病院」の職員等5人を傷害容疑で逮捕した。同病院は同月14日、看護職員等による患者への暴力(リンチ)・不正入院・無資格診療行為その他の疑いで家宅捜査を受けていた。

宇都宮署の取り調べで、同病院では3年間で200人以上の患者の不審死が判明。その内、2件の死亡事件で職員5人が関わっていたとした。その内の1件は、アルコール中毒との診断で入院していたAさん(35)で、入院から4ヵ月後の1983(昭和58)年12月30日、見舞いに来た知人に「こんな酷い病院は無い。退院させて欲しい」と訴えた。これを聞いていた看護職員は見舞い客が帰ったあと、古参患者と共謀でAさんに殴る蹴るのリンチを加えて同日夜死亡させた。病院側はAさんの家族に「容体が急変した」と偽り遺体を引き取らせた。

警察は、今回の逮捕でAさんを埋葬(土葬)した遺体を掘り起こして事実を突き止めた。だが、これは同病院で多発していたリンチ事件の氷山の一角にしか過ぎなかった。また、このリンチ事件以外に乱診、無資格診療も多数発覚した。

まず、入院中の古参患者に他の患者の脳波や心電図検査を2393回、29人の看護人に注射や点滴を624回、無資格の準看護士に416回のレントゲン検査をさせていた。その結果、4月25日、院長の石川文之助が逮捕された。院長が逮捕されるという事態に栃木県議会や国会でも取り上げられて大問題に発展していった。


驚くのは、これだけではない。同病院の医師は事実上、院長である石川だけで、その他は医療資格の無い看護士や古参患者に医療行為をさせていた。一方、ベット数は920床に対して948人が入院していたから到底院長だけでは回診は出来なかった。さらに石川は、特異な患者が入院すると「あの患者の脳は必ず貰え」と職員に命じ、その患者が死亡すると看護士や看護人に脳を採取するための執刀を命じていた。

採取した脳は東大医学部のT助教授へ研究材料として提供していた。その数は年間で10数体に達したという。石川はその見返りにT教授の名前を公にして「うちの病院には東大の偉い先生がついている」とPRして入院患者集めのネタにしていた。

また、石川は「食料管理法違反」でも起訴された。同病院では「作業療法」と称して入院患者に石川の同族企業に連れて行き酷使したり、病院の裏にある畑で農作業をさせていた。収穫した作物は全て病院職員に転売していた。

法廷で、石川は起訴事実をほぼ全面的に認めて情状酌量を求めていた。1985(昭和60)年3月26日、宇都宮地裁は石川に懲役1年の実刑を言い渡した。石川は控訴した。一方、傷害致死等に問われていた職員4人は1986(昭和61)年3月20日、宇都宮地裁で懲役4年〜1年6ヶ月・執行猶予3年の有罪を言い渡した。


トップページ≫